福岡市・博多湾と宗像市・福津市海岸の釣り情報





スポンサードリンク

便利にこのブログをお使いいただくために

このブログの画面最上部右側の「サイトマップ」をクリックされると各カテゴリーの記事のタイトル一覧が表示されます。

最新情報

福岡市・博多湾でのキス釣りと手作りボート

11月上旬に、長らく使っていなかった手作りボートで海に出かけてきました。

ただし、今回の手作りボートは、テンダーつまり海岸から漁港沖の防波堤の間の行き帰り使用するだけです。

つまり、2馬力エンジンは使用せずに、手漕ぎオールだけの使用です。


対象魚は、スズキではなくて、今回はカレイです。

もちろん、カレイ釣りでもボートは重宝しますが、同行のSさんの希望で、防波堤に登り上がってのカレイ釣りです。

Imgp7086sm

博多湾の沖の防波堤といっても、いわゆる沖坊ではなくて、某漁港の沖にある防波堤です。

東区の三苫にある釣具店で午前5時に集合。私は、時間よりちょっと前に着いたので、ヒラメ用のルアーとシーバス用のヒレの付いたルアー、往年のザウルスに似たもの1個を購入しました。

カレイは、ルアーではなく、Sさんが用意してくれた仕掛けで釣る予定。

Sさんと合流し、釣り場の漁港に向かいました。

Imgp7094sm

漁港に着き、車から自作ボートを降ろし、セッティング。

ただ、今回は、2馬力エンジンは持参せずにオールだけで運航します。

前回の釣行以来、2馬力エンジンが不調でもあり、また、漁港から防波堤までは、オールだけで十分だからです。

夜が明け始める頃には、防波堤に到着しました。

早速、カレイ仕掛けを準備。ジェット天秤の先に市販の2本針仕掛けを取り付けます。竿は、いつものシーバスのサーフ用です。

針に餌の青ケブをつけて第1投。

いきなり当たりがありました。カレイの釣り方を聞く前でしたので、ヒラメのように遅く合わせるのかも分からない始末。

Sさんは、適当に合わせてくださいとのことで、適当に合わせると釣れてきたのは、良型のキス。

この後、朝早くはボチボチ当たりもあり、釣れましたが、全てキス。

肝心のカレイが釣れませんでした。

だんだん日が高くなるに連れて、キスの魚信も少なくなり、ベラや超ミニ蛸しか釣れない様になって来ました。

天気も晴れで、ほとんど無風、気温も高く絶好の釣り日和ですが、カレイが来ません。

海をのぞいてみると、イワシらしき小魚の群れもいるし、潮の流れも相当あり、これはシーバスが釣れるかもしれないと思い、レンジバイブ80の赤金で防波堤をテクトロ(テクテクとローリングの略:防波堤の上を歩きながらルアーを流すやり方)したり、防波堤の先端でルアーを引いたりしましたが、釣れません。

やがて正午近くになり、状況の好転もないようなので、納竿としました。

カレイは釣れませんでしたが、キスなども釣れ、天気も良くて結構楽しめた釣りでした。

スポンサードリンク

自作ボートの作り方マニュアルのサイトをオープンしました。

4年ほど前に、小さなボートを自作しました。

このブログでも、作成と同時並行に作成の状況を記事にしてきました。

ただ、このブログは、数多いジャンルの話題を取り扱っており、どうしてもボートを自作したい方にとっては、なかなかきちんとした情報とはなっていません。

そこで、ボートを自作する人のためのマニュアルとなるように、製作過程を分かりやすく説明するサイトを作ってみました。

Boat

相当にはしょって書いていますが、大まかな流れや気をつけたいことなどは分かりやすく書いたつもりです。

なお、このマニュアルは、エンジンや運搬のためのランチャー、カートップ積載のためのルーフラック等はこれから記載して行こうと思っており、未完です。

マニュアルの中で記載していますが、自作すればボートが安く手に入ると言うことではありませんのでご注意ください。

手間ひま、時間、家族や近隣の迷惑などを考えると、かえって市販のボートを購入する方が、良いのかもしれません。

また、自作ボートでの博多湾のシーバス(スズキ)釣りなどのビデオ釣行記も掲載するつもりですが、こちらの方はなかなかはかどっていません。

おいおい追加していくつもりですので、よろしくお願いします。

サイトタイトル 「自作ボートの製作マニュアルと釣行記
アドレス    http://selfmadeboat.com/

スポンサードリンク

キス釣りはボートで in 福岡県宗像市勝浦浜

そろそろキス釣りのシーズンになってきました。

そこで、私たちもやっとキス釣りに出かけることにしました。

陸っぱりも良いのですが、ボートならなお良いということでボートを出すことにしました。

ただし、自作ボートではなくて、昨年6月頃購入したホープ社のボート 「ドルフィン」で。

実は、購入後、一度試運転を兼ねてドルフィンを海に出したことがあるのですが、この時は完全坊主という結果に。

従って、1年ぶりにドルフィンを出すことにしました。

一緒に釣りに出かけたのは、幼なじみのN君とO君。

例年、ゴールデンウィークには3人で釣行に出かけていたのですが、今年のゴールデンウィークは私が忙しくていけませんでした。

それで、数週間前から連絡を取り合って、釣行日を決めました。

ご注意 下のビデオは音が出ます

 

釣行日の数日前に、N君が、ある釣り具屋さんから「勝浦浜では、サーフからキスが100匹釣れている」との話を聞いたそうです。

サーフからと言うのは、陸から投げ釣りでと言う意味です。

当日の朝、午前7時に集合し、ボートの準備等をして出発しました。

途中、釣川横のヨシダ釣り具店で、青ケブ150gと仕掛けなどを購入し、神湊交差点のコンビニで食料等を調達して勝浦浜に到着。

ボートを車から降ろして準備中に、ちょうどゴムボートが釣から帰ってきたので釣果を聞いてみると、「ある釣り具屋さんからサーフでキス100匹と聞いてきたのに、1時間で4匹しか釣れなかった」とのこと。

何だ、話が違うじゃないかと思いましたが、昨日バカ釣れした場所が今日はサッパリと言うことは釣にはよくある話なので気を取り直して9時半過ぎに出港!

エンジンも快調に、まずは勝島周りでエギングに。

しかし、ここで私の竿を積んでいないことが判明! 合戦に来て刀を忘れたような話でまことに情けない話。

折角来たのだから、お二人にはしばらくエギングしてもらうことにしました。

しかし、釣れそうにもないことから、陸に戻って竿を積み込み再出港!

今度は、キス釣りです。

サーフから100匹ですから、砂浜近くをノーアンカーで流していきます。

ポツリポツリと当たりがあり、釣れてきますが、なにせ型が小さい。10cm前後ばかり。

とても100匹も釣れるペースではありません。

1時過ぎになると北風も強くなり波も立ってきたので帰港しました。

釣果は、キスが30?40匹くらいでしょうか。一人10?15匹前後。

ボートでキス釣りをすれば、大漁間違いなしの時代ではなくなったようです。

ボートを車に積み、装備も積み終わった時に、ちょうど豪雨となりました。

キス釣りのための仕掛け、ロッド等 
ささめ針 キスハンター K-106
。 シマノ ベイゲーム キス M180。 他

キス投げ釣りにいく時に読みたい本 
「投げ釣り専科 キスの一投多魚釣法の決定版」。 「キスの投げ釣り基本から実戦まで、名人が手ほどき!!」 他


スポンサードリンク

キス釣りに出かけました。 福岡市博多湾今津沖

今年の連休は、結構長く取れる人もいますが、私は、カレンダー通りに休んでいます。

連休の後半に、ヨットのキャビンの整理をするために集まりました。

メンバー5人のうち、2人が来れなくて、残りの3人でキャビンの片づけをすることに。

9時半に集合して作業をしましたが、午前中には終了しました。。

注意:ビデオを再生すると音が出ます。



折角の好天ですし、久しぶりに博多湾内クルージングを兼ねてキス釣りに出ることに。

早速、ハーバー近くの釣り具屋さん「ポイント」に車で出かけて、キス釣り用のサビキ仕掛けと活き餌の青ケブを買いました。

それと、大事なj大事なお弁当と飲み物もハーバー近くのスーパー買い出しして、準備万端整いました。

小戸ヨットハーバーを出ると、能古の島付近で知り合いのヨットを発見!

Dsc_1954

挨拶がてら近寄ると、沖の方は霧が出てますよとのこと。

そう言えば、玄界島も見えないほどに霧が立ち込めています。

やがてお目当てのキス釣りポイントである今津の海岸沖に到着。

青ケブを餌にして投入しますが・・・・釣れない。

Dsc_1957sm

いろいろポイントを移動しますが・・・・釣れない。

海づり公園近くまで来ましたが・・・・・釣れない。

ここで釣れなければ、キス釣りからシーバス釣りに変更しようかと話している最中に・・・釣れた。

釣りは、第1番目の最大ポイントは場所の選定と言われますが、まさにその通り。釣れないところでは釣れなく、釣れるところでは釣れるのです。

Dsc_1960sm

釣れるどころかキスの型も20cmオーバーの良型です。ひっきりなしに釣れるわけではありませんが、飽きない程度にポツポツと来ました。

キス釣りは、砂がある海底のある場所で釣りますが、一般的によくキスの付いているポイントは4つあると言われています。

1 かけあがり : 海底が急に盛り上がっているところ

2 ヨブ     : 海底がデコボコになっているところ

3 流れ込み : 川などが流れ込んでいるところ

4 鮒道    : 船が通るところ

しかし、私たちが釣っている今津の海岸近くにはなかなかこんなところがありません。

Dsc_1965sm

数か所ポイント移動をして最後のポイントで釣れたのですが、以上の4か所のどれにも該当していないようです。

実は、こういうポイント、特にかけあがりやヨブを見つけるには、魚探が役に立ちます。

魚群探知機は、魚の群れを見つけるだけでなく海底の起伏の状況も表示しますので非常に便利で、これがあると無しでは釣果に大きな差がでてきます。

現在では、小さなゴムボートでも使える電池式の液晶魚探があります。

さて、とにかく釣れたのですから、この最後のポイントは次回釣行の際の候補地となります。

しかし、何もない海の上ですから、どうやって次回見つけるかが問題となります。

昔から漁師の方たちは、「山たて」と言って、複数の遠くの山の位置や建物の見え方をメモしておいて、次回、同じような見え方をする位置をさがします。

このやり方をカメラで撮影して行うという方法もあります。

しかし、現在ではヨットにはGPSを装備していますので、GPSに表示されている緯度経度をメモリに記憶させるかメモ帳に記録すれば大丈夫です。

今回、このGPSは、キス釣りだけでなく、濃霧の中航行するのにも大活躍しました。濃霧の中では、自艇の位置も分からず、目標への方角も分からないので大変です。

しかし、GPSのおかげで、自艇の位置、目標への方角も示してくれますので、船同士の衝突に気をつけさえすれば安心して船を進めることができます。

今では、魚群探知機とGPSをドッキングさせているGPS付き魚探もありますので、ポイントの海底の状況と位置情報をこれですべて把握できます。

キス釣りでも、ハイテクを利用する時代になってきているようです。


長らくポータブルカラー液晶魚探でトップの位置を占めていて、私も使っているHondexHe-51cの新発売された後継機です。
驚いたことに、GPS機能が付きました。
簡易GPS機能で、価格も価格ですから普通のGPS魚探と同じ性能を求めても無理ですが、検討には値すると思います。
ゴムボートでも使用できますよ。
4.3型ワイドカラー液晶GPSアンテナ内蔵魚探 Hondex PS-501CN 価格比較一覧表

スポンサードリンク

うみんぐ大島 釣り・フィッシングの拠点が宗像市に

Index

うみんぐ大島。大島海洋体験施設が、いよいよ4月29日(金)にオープンします。

大島とは、福岡県宗像市の玄界灘に浮かぶ筑前大島の事です。

大島は、人口1000人くらいの小さな島で、宗像市の神湊から、フェリーで30分もかからずに行くことができます。

産業と言えば、もちろん漁業が盛んな島です。

離島振興として、大島でも様々な取り組みがされてきました。記憶にあるものとしては市営牧場や温泉施設さざなみ館でしょう。

ただ、大成功と言うほどでもなく、さざなみ館は閉鎖してしまいました。

「大島をどけんがせんといかん」ではないでしょうが、振興策として考えられたのが「うみんぐ大島」でしょう。

うみんぐ大島の施設内容は、「釣防波堤」、「釣堀」そして「プレジャーボートステーション」そして「管理棟」があります。

○釣防波堤
・ 長さ300m、幅12mの防波堤で、中央の通路部分の両側に釣りスペースがあり、四季を通じて、様々な魚種を対象とした釣りが楽しめます。
・ 防波堤の付け根部分には、トイレ、東屋があります。

○ 釣堀
・ 20m×30mの釣り座に囲まれたイケス3基あります。また、グループで気がねなく釣りが楽しめる貸し切りイケスも設定の予定です。
・ 魚種はタイヤブリなどを選定中だそうです。

○ プレジャーボートステーション
・ ヨットなどのプレジャーボートが停泊できる施設を現在整備中で、「海の駅」の登録を目指しています。(15日以内の短期係留です。夜間停泊もできます)

○ 管理棟
・ 施設の管理事務所として、職員が常駐しています。管理棟には、休憩室、トイレ、シャワー室、オリエンテーションルーム、物販コーナー、有料の魚さばきのサービスコーナーなどがあります。また、釣り餌や釣り小物などの販売を予定しています。

気になるのは、料金ですが、1日の入場料金が大人は600円 小学生は300円です。この料金で、釣防波堤での釣りができるそうです。

釣堀は別料金で、概して言えば、大人は午前で5000円、午後は4000円、小学生は午前3000円、午後3000円となっています。(詳細は公式ホームページで)

釣防波堤となる防波堤は、私もよく釣りに出かけたことあります。関連記事参照

シーズン中の朝一番のフェリーで行くと、大島港に着岸すると同時に、クーラーや竿を持って場所取りダッシュで走らなければならないこともありました。

チヌ、アジそしてエギングとなかなか釣には良い防波堤です。しかし、釣防波堤で有料となると今までのように気軽に行くことはできないでしょう。

大島振興のためには、我慢しなければならないし、お金さえ払えば釣ることもできるのですが、長年のこの防波堤の愛好家にはつらいところでしょう。

うみんぐ大島により、ファミリーフィッシングなども手軽にできるようになることは好ましいことです。

ただ、お金を取る以上は、ボーズつまり魚が一匹も釣れない状態ではお客さんも納得しないし、リピーターにもなりません。

この辺が、オープン後の大きな課題だと思います。

福岡市にある海釣り公園のようになってほしいものです。期待しています。

なお、大島の三国屋旅館によるルアーフィッシング情報は、大島の波止場や磯でのエギング、シーバスフィッシングの情報が充実していますので一読をおすすめします。

○ うみんぐ大島

場所    福岡県宗像市大島 場所はここ Googleマイマップ
電話    不明 (電話番号が見当たりませんが、メールだけでは不親切では?)
利用時間 4月?10月 8:00?17:00 
      11月? 3月   8:00?16:00
休み    4月?10月 毎月、第4月曜日とそれに続く火曜日 休日の場合は営業
      11月? 3月 毎週火曜日(火曜日が休日の場合は、その翌日)
      (年末年始は、12月28日から1月4日)

公式サイト  大島海洋体験施設 うみんぐ大島


うみんぐ大島がある宗像市の海・山・川の自然に恵まれた土地にあるのが「すすき牧場」です。
その牧場で健康に育った「宗像牛」がたっぷり入った、牛肉のコクとうま味にあふれたビーフカレーです。
地元宗像でもあまり知られていないレアなカレーです。
牛肉好きなら一度は食べたいカレー 【すすき牧場カレー】(福岡県のご当地カレー)



宗像市には、宗像大社とその近くに鎮国寺という名所があります。鎮国寺に由来して、作られているのが鎮国饅頭です。鼓家はこの鎮国饅頭を作って40余年の和菓子専門店です。宗像市では、地域一番のお土産として、好評です。シナモン風味豊かなその味をどうぞお楽しみください。
鼓家 鎮国饅頭

スポンサードリンク


ブログ内検索
カスタム検索